どのBTOパソコンが安いか比較してみた結果! - BTOおすすめ速報

カクカクだと配信者も視聴者もイライラ

誰も彼もが実況配信を楽しめる時代になりました。ニコニコ生放送、Twitch、LiveTube、CaveTubeなどあちこちのサイトで多くの人は実況配信をしています。

 

ここで大切になるのがパソコンのスペックです。スペックが低いと配信ソフトの処理が追いつかず、生放送の映像がカクカクします。カクカクした動画なんて誰も楽しめません。しっかりしたスペックのパソコンを使うべきです。

 

どういう配信をしたいかによって推奨スペックが変わる

実況配信と言ってもその内容は様々です。ラジオのように音声だけを流すものもあれば、映像を撮りながら雑談するもの、さらに重いゲームのプレイ動画配信なんてものも最近は人気ですね。

 

当然パソコンで重い処理をさせながら配信するほうが、ハイスペックが求められます。ゲーム実況なんてゲームを動かしながら、配信ソフトも動かすわけですから、ラジオ配信などとは比べ物にならないほどパソコンに負担がかかります。

 

ラジオや雑談配信におすすめのパソコン

簡単な配信をするだけなら格安のパソコンで大丈夫です。おすすめはRaytrek-Vです。「ニコニコ生放送モデル」と認定されています。Niconico Live EncoderとMonsterX U3.0Rの動作確認済みなので、まさに配信者にとって嬉しいBTOパソコンです。

 

もしもノートで配信をしたいなら、「Raytrek-V ニコニコ生放送モデル VF-AG」がおすすめです。こちらも同様に配信ソフトとHDMIキャプチャユニットの動作確認済みです。外で配信する方に最適なノートですね。

 

ゲーム実況配信におすすめのパソコン

ゲームだけでも重いので、配信までするなら一段階上のハイスペックPCがおすすめです。ゲームだけでGTX960が必要ならGTX970を選ぶイメージです。グラフィックボードのスペックに余裕を持たせることが、快適なゲーム配信に繋がります。

 

G-Tuneには「NEXTGEAR i640GA8-SP-TV」というゲーミングPCがあります。毎日のようにゲーム配信をしている人気ゲーマー集団の顔TVが監修したパソコンで、実際に使っているモデルでもあります。有名ゲーム配信者が使っているのであれば確実に快適です。

 

最新ゲームまでカバーしたいならもっとハイスペックなゲーミングPCがおすすめです。特にBF最新作、CoD最新作、マインクラフト(影MOD)など重いゲームにはガレリア ZGがぴったりです。GTX980、Core i7-6700K、メモリ16GBなので配信しながらでも普段と変わらないプレイを見せられます。