どのBTOパソコンが安いか比較してみた結果! - BTOおすすめ速報

RAW現像に必要なスペックとおすすめBTOパソコン

RAW現像は大容量なのでメモリを増やそう

RAWの画像を扱う時は注意が必要です。圧縮された画像よりも遥かにデータ量が多いため、パソコンに負担がかかります。具体的にはメモリを専有するため、かなりのメモリ量がないとパソコンがカクカクします。

 

メモリ量が足りなくなると、パソコンはメモリの代わりにHDDやSSDなどのストレージに読み込みます。ストレージはメモリよりも低速なため、読み込みに時間がかかるためでなくソフトの操作ももたつきます。

 

だからRAW現像をするために必要なスペックとして、メモリを増やすことを第一に考えましょう。具体的には4GBでは絶対に足りません。8GBならギリギリ、できれば16GB以上をおすすめします。32GBあれば安心です。

 

RAW現像は10bitカラーで処理しよう

RAWデータは圧縮されていないので、色情報も豊富です。通常のパソコンだと8bitカラーで画像を表示したり処理したりします。この時点で色情報が失われています。グラデーションがガクガクした感じになるのは8bitカラーが原因です。

 

しかしQuadroというグラフィックボードを使えば10bitカラーでRAW現像ができます。ゲーム用として人気のGeForceグラフィックボードは8bitカラーしか対応していませんが、プロのクリエイター向けのQuadroなら10bitに対応しています。

 

具体的には8bitカラーは約1677万色なのに対し、10bitカラーは10億6433万色です。まさに桁違いです。RAWデータを綺麗に正しく扱うなら10bitカラーが必須です。プロの現場では絶対に10bitカラーで扱っています。

 

また、Quadroグラフィックボードはスペックが非常に高く、クリエイター向けソフトウェアがサクサク動くように最適化されています。処理能力はGeForceの数倍も高速です。だからRAW現像用パソコンにはQuadroのグラフィックボードを選ぶことをおすすめします。

 

CPUはコア数と動作周波数が多いものがおすすめ

CPUの選択肢はCore i5かCore i7になると思います。動作周波数が処理の速さのようなものなのですが、動作周波数だけを見るのは駄目です。コア数もとても大切な要素です。

 

RAW現像に使用するソフトはマルチコア、マルチスレッドに対応しています。CPUの複数のコアを並列で使うことで、処理能力を向上させる仕組みです。だからコア数が多いほうが、画像編集は快適になります。

 

例えばCore i5-5600は4コアの定格3.20GHzです。Core i7-5820Kは6コアの定格3.20GHzです。動作周波数はほとんど変わりませんが、コア数は1.5倍なので編集、保存などの速さは後者のほうが圧倒的に優秀です。

 

おすすめのRAW現像用パソコン

raytrek LC-E M2

 

raytrek LC-M

 

DAIV-DGZ511M1-RAW