どのBTOパソコンが安いか比較してみた結果! - BTOおすすめ速報

最安値のBTOデスクトップパソコンはどれなのか価格を比較しました

一番安いデスクトップは5万円以下!

BTOパソコンは安いと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?家電量販店に行くと8万円くらいのデスクトップが売られています。しかしBTOパソコンなら5万円以下のデスクトップが見つかります。

 

しかもなかなかのスペックで、普通に使う分には困らないほどサクサクです。ただ、BTOメーカーごとに最安値のデスクトップの価格が異なります。一番安いのはどれなのか比較してみましょう。

 

デスクトップ限定!超小型PCは除外します

そもそもデスクトップとは何でしょうか。ノートのように液晶モニタとキーボードを備えていなければデスクトップでしょうか。BTOパソコンにはスティックPCやNUCと呼ばれる超小型パソコンがあります。

 

でもこれらをデスクトップと定義していいのかがちょっと難しいです。そこでスティックPCとNUCは除外して、誰もがデスクトップだと見てわかるミニタワー型以上の大きさのパソコンだけを選定しました。

 

BTOメーカー別最安値のデスクトップ

安くて高性能だと人気のBTOメーカーといえばドスパラ、マウスコンピューター、フロンティアです。当サイト以外でも大体これら3つのBTOメーカーが人気です。実際コスパがいいですからね。

 

ドスパラ 「Slim Magnate IE」

今回価格調査した結果、最安値のデスクトップはドスパラにありました。まさかの4万円台です。こんなに安いと低スペックだと思うかもしれません。しかし4コア/最大4.30GHzというなかなかの性能を備えたCPU、メモリは8GBです。

 

動画に強いインテルHDグラフィックスを内蔵しているため、Youtubeやニコニコ動画を快適に再生できます。数年前ならこのスペックで10万円くらいしていましたからね。ドスパラの安さが光ります。

 


 

マウスコンピューター 「mouse DT2」

マウスコンピューターのデスクトップはドスパラよりも少しだけ高額です。価格で選ぶならWindows10 Homeモデルにしましょう。Office搭載モデルだと19,000円ほど高くなってしまいます。

 

スペックはドスパラと似たような感じです。CPUとストレージはほとんと一緒ですがメモリが違います。ドスパラがメモリ8GBなのに対し、mouseは4GBです。ドスパラのほうが安いのにメモリ容量が多いので、mouseが完全に負けています。私のおすすめはメモリ8GB、240GB SSD + 1TB HDDの構成です。

 


 

パソコン工房 「STYLE-S0B7-C-UHS」

パソコン工房(iiyama)のデスクトップはスリムタイプです。小さくて安いデスクトップを探している方におすすめです。インテルではなくAMDのパーツが搭載されているのが特徴的です。

 

CPUのCeleron G4930は小型デスクトップや激安デスクトップに採用されることが多いです。メモリは4GB、DVDドライブ搭載と激安デスクトップとして標準的なスペックです。