どのBTOパソコンが安いか比較してみた結果! - BTOおすすめ速報

CAD、CAM、CAEにおすすめのBTOパソコン

CAD用PCはグラフィックボード選びに要注意!

パソコンでCAD、CAM、CAEがサクサク動くかどうかは非常に重要です。生産性に直結しますし、ガクガクだとイライラして設計にミスが生じるかもしれません。

 

ではCADを始めとした設定ソフトをサクサク動かすには、どのようなスペックのパソコンが必要なのでしょうか。CPUやメモリはもちろん大切です。でも意外と知られていないのがグラフィックボードです。

 

QuadroでCADがサクサクになる

グラフィックボードといえばゲームを動かすためのパーツというイメージがあります。確かにゲーム用途が主流ですが、CADのような3Dを扱うソフトでも威力を発揮します。

 

グラフィックボードがあるのとないのとでは軽さに大きな差がでます。むしろCADのように複雑で細かい処理をさせるためにはグラフィックボードが必須です。

 

現在主流のグラフィックボードはNVIDIA GeForceシリーズです。しかしCADにはGeForceを選ばないでください。GeForceシリーズはゲーム用であり、DirectXの処理に特化しています。

 

そこでおすすめなのが同じNVIDIAのQuadroシリーズです。Quadroはクリエイターのためのグラフィックボードで、OpenGLの処理に最適化されています。CADはOpenGLで動いているため、Quadroこそがベストチョイスです。

 

CADにおすすめのBTOパソコン

Quadro搭載パソコンといっても様々です。CPUの違い、メモリ量の違い、そしてQuadroにも色々な種類があります。そこでCADにおすすめのBTOパソコンを選んでみました。

 

ドスパラ 「raytrek LT K2」

日本で一番人気のあるBTOメーカーであるドスパラにはCAD用パソコンがあります。どれもQuadroを搭載しているので、「さすがわかっているな!」と関心します。

 

なかでもこのデスクトップは評判のいいQuadro K2200を搭載し、メモリやSSDの量もちょうどいいパーツ構成です。それなのにこの価格は激安です。CAD用として最高におすすめのBTOパソコンです。

 


 

ドスパラ 「raytrek HE-X K2」

あなたがCADやCAM、CAE設計のプロなら、CPUやメモリを強化すべきです。複雑な設計を組んだ場合、メモリが多くないとどうしても重くなります。メモリが多ければ多いほどいいのです。

 

また、メインの処理をするCPUも重要です。Xeonはプロ用のCPUです。コンシューマー向けのCore i7などとは性能が全然違います。だからCADの仕事をしている人には、こちらのBTOパソコンがおすすめです。メモリは後から簡単に増設できますが、CPUの交換は難しいので、高性能CPUを搭載したパソコンを買ったほうが後悔しません。